在宅療養においては看護や介護が重要な役割をもっています。訪問看護ステーションや訪問介護事業所、居宅介護支援事業所などから依頼があれば、緩和ケアをサポートします。